2006年01月21日

「7つの習慣」〜こちらは灯台である〜

7つの習慣―成功には原則があった!
スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー Stephen R. Covey 川西 茂
キングベアー出版 (1996/12)
売り上げランキング: 748
おすすめ度の平均: 4.6
5 米国資本主義の成功理念に仏教思想を感じる良書
5 著者もまた「7つの習慣」の生徒。
5 自分をチェックする好材料



私は先頭を行く戦艦のブリッジで夕暮れを迎えた。視界が悪く断片的に霧がかかっていたため、艦長もブリッジに残り、状況を見守っていた。

暗くなってから間もなく、ブリッジの見張りが次のように報告した。

「艦首の右舷側の進路に光が見えます」

「停止しているのか、船尾の方向に動いているのか」
と艦長。

見張りの答えは、
「停止しています、艦長」
・・・
艦長は信号手に命じた。
「その船に対し、信号を出せ。衝突の危険があるため、20度進路を変更せよ、と」

相手からの信号が帰ってきた。
「そちらの方が20度進路を変えるよう助言する」

艦長は再び命令した。
「信号を送れ。私は艦長だ。20度進路を変えるように」

すると、
「こちらは二等水兵だ。そちらの方こそ20度進路を変えるように命令する」
と返事が返ってきた。

艦長は怒り出し、
「信号を送れ。こちらは戦艦だ。20度進路を変えろ」
と叫んだ。

点滅する光の信号が返ってきた。
「こちらは灯台である」

我々は進路を変えた。



●普通の人間は、自分を正当化する傾向にあるものです。
 しかし、それは相手も同じこと。

●同じ現実も、立場がちがえば、
 まったく違って見えるということです。


7つの習慣」スティーブン・R・コヴィー、キングベアー出版



この記事でクスッと笑った方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する

banner_03.gif



メルマガ「ジョークの壁」
1,500名が読んでいる笑えるメルマガです。一日一冊読む本のソムリエが厳選したジョークをご紹介します。
登録は無料!!
          配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加本のソムリエ公式サイト本のソムリエ日記





posted by 本のソムリエ at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(5) | 小話

2006年01月19日

「リーダーの帝王学」〜スターリンがフリシチョフを呼んで小声でささやいた〜

ソ連でスターリンが死の床に横たわっていた。・・・

突然、スターリンがフリシチョフを呼んで小声でささやいた。

「君は私のあと釜に座るが、時が経つとともに誰もが君に白い眼を向けはじめるだろう。その時には地下室の金庫に私が残しておいた二通の封筒を一つずつ開いてみるがいい」

その言葉を聞き終わるや否や、フルシチョフは酸素吸入装置を止めてしまった。

はたしてフルシチョフは数年後に幹部の信頼を失って苦境に立った。そこで地下室に降りて、「第一の封筒」を開いた。

それには「私を悪者にしなさい」とあった。

この日から例のスターリン批判がはじまったという。これでフルシチョフの人気は小康を保ったが、間もなく、再び人気が落ちて首相の地位が危うくなった。

慌てて、もう一度、地下室に降り、第二の封筒を開いたら、

「お前も二通の封筒を用意せよ」

と書かれてあった。



●また、同じことが繰り返される。そういうことですね。


リーダーの帝王学V」伊藤肇、竹井出版(1980/9)¥1200



この記事でクスッと笑った方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する

banner_03.gif



メルマガ「ジョークの壁」
1,500名が読んでいる笑えるメルマガです。一日一冊読む本のソムリエが厳選したジョークをご紹介します。
登録は無料!!
          配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加本のソムリエ公式サイト本のソムリエ日記


posted by 本のソムリエ at 16:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小話

2005年11月19日

「いま自分のために何ができるか」〜学問はじつに臭いものである〜



○このブログをぜひあなたの
お気に入りに追加して下さい(1.5秒で完了します!)






いま自分のために何ができるか
新渡戸 稲造
三笠書房 (1991/12)



 ・むかしの儒者は、「学問はじつに臭いものである。ちょうど大根を煮るの
  と同じで、煮れば煮るほど臭くなるが、まったく煮つくせば臭味がなく
  なる」といった。



●私もたくさん本を読んでいるので、けっこう臭いかもしれません。いったい、
 いつになったら臭くなくなるのでしょうか。

●うんちくを言わず、「そうだね、わかるよ」と相手の話を聞くように
 なると少し臭みが減るかもしれません。

「いま自分のために何ができるか」新渡戸稲造、三笠書房(1991/12)¥520



読んでいただきありがとうございました!
お一人1日1クリックでポイントが加算されるブログランキングに参加しています。
この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する

banner_03.gif

ありがとうございます!


このブログは、メルマガでも読むことができます。
読みたい!!と思った方は、こちらからメルマガ登録をお願いします。
------------------------------------------------------
無料メルマガ【ジョークの壁】発行部数1,200部
メルマガ登録管理人の日記



posted by 本のソムリエ at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小話
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。