2007年01月21日

「世界の日本人 ジョーク集」早坂 隆、中央公論新社

世界の日本人ジョーク集
早坂 隆
中央公論新社


【私の評価】★★★☆☆



■著者紹介・・・早坂 隆(はやさか たかし)

 1973年生まれ。旅行雑誌の編集を経て、フリーのライターとなる。
 現地に密着したルポから旅行エッセイ、スポーツエッセイなどを手掛ける。
 2001年から2003年ルーマニアに居住。




●私もカザフスタンに1年半ほど滞在していましたが、現地の人からは
 日本人に対して一種の尊敬に似た感情があるように感じました。

 そして、外国人はジョークが好きですから、
 そうしたホンネがジョークからわかることがあるのです。


●本書では、ジョークを紹介しながら、世界の人々が
 日本と日本人をどのように見ているのか、紹介した一冊です。
 
 ・ルーマニア人は自分たちの国に対して『貧しい国』『東欧の小国』っていう
  自虐的なイメージを持っている。『あの豊かで優秀な日本人が、こんな
  ルーマニアなんかに来るはずがない。中国人に違いない』って思うんだよ。
  (p23)


●著者は東欧、中東からヨーロッパの滞在が長く、
 日本から遠い国々では、日本はお金持ち、勤勉、無口、
 高品質、先進的な技術という印象があるようです。


●外国の人はジョークが好きですから、
 ひとつでも覚えておいて、飲み会でのネタに使ってみては
 どうでしょうか。★3つとしました。



■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・新製品が世に流通するまでには、全部で四つの段階がある。
  まず、アメリカの企業が新製品の開発をする。
  次にロシア人が、「自分たちは同じものを、もうすでに30年前に考え出していた」
  と主張する。
  そして、日本人がアメリカ製以上のクオリティのものを造り、輸出し始める。
  最後に、中国人が日本製のものに似せた偽物を造る。(p46)


 ・国際会議において有能な議長とはどういう者か。
  それはインド人を黙らせ、日本人を喋らせる者である。(p118)


 ・世界最強の軍隊とは?
  アメリカの将軍 ドイツ人の参謀 日本人の兵
  では世界最弱の軍隊とは?
  中国人の将軍 日本人の参謀 イタリア人の兵(p178)


▼引用は、この本からです。
世界の日本人 ジョーク集」早坂 隆、中央公論新社(2006/1)¥798
【私の評価】★★★☆☆


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


posted by 本のソムリエ at 08:42 | ジョークの書籍
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。