2006年09月05日

「名将言行録 乱世を生き抜く智恵」〜驕らざる者もまた久しからず

名将言行録 乱世を生き抜く智恵
谷沢 永一 渡部 昇一
PHP研究所 (2002/03)
売り上げランキング: 128,834



驕らざる者もまた久しからず(太田資長(道灌))


▼引用は、この本からです。
「名将言行録 乱世を生き抜く智恵」谷沢 永一、渡辺 昇一
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569620183/mag06-22/ref=nosim/


●室町時代の名将 太田父から「驕れる者は久しからず」と戒められましたが、
 それに対して道灌は、「驕らざる者もまた久しからず」と言ったそうです。

 何かを成そうと考えたら、驕るくらい信念を持っていないと
 思い切った行動はできないという意味でしょう。


●つまり、はじめは強い信念を持ちながら大きな目標を設定し、
 実行していくことが大切なのですが、
 一旦、それが成功した段階になったら、
 「実るほど頭を垂れる稲穂かな」というように、
 慎み深く素直になる必要があるのです。


●しかし、そうした時々に応じた適切な行動ができないからこそ、
 人間は悩み、苦しむのでしょう。



この記事でクスッと笑った方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する

banner_03.gif



posted by 本のソムリエ at 00:00 | 不条理
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。