2011年06月24日

どうして酒や煙草が必要なのか

・向坂逸郎氏は、知人から
 「酒も煙草もやらないで、どこに人生の楽しみがあるのですか」
 と問われ、こう答えた。
 「こんなにおもしろい人生なのに、
 どうして酒や煙草が必要なのか」と。(p108)

▼引用は、この本からです。
「グズをなおせば人生うまくいく」斎藤 茂太、大和書房(2006/03)\580
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4479300139/mag06-22/ref=nosim/
【私の評価】★★★☆☆(79点)

 
■人生において「生きがい」が必要であることは、
 言うまでもないことだと思います。

 食べ、話し、笑い、楽しむことは
 人生の大きな部分を占めるものでしょう。


■ではどうすれば、充実した楽しい
 人生を送ることができるのか。

 大切なことはいろいろあるでしょうが、
 私はその一つとして、
 もらう立場から、与える立場になることを
 あげたいと思います。


■つまり、笑い、楽しみを与えられるのではなく、
 人に笑い楽しみを与えるということです。

 そういう意味では、酒やタバコは
 お金を払って与えられるものであり、
 逆に自分から何かを与えるという
 一歩レベルの高いことをやってみたいのです。



この記事でクスッと笑った方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する

banner_03.gif


↓ ↓ ↓ 
「ジョークの壁」バックナンバー

posted by 本のソムリエ at 00:00 | 不条理
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。